撮った写真をレタッチする

証明写真を撮ります

写真を撮るカメラマンとは別に、レタッチャという写真編集を専門におこなう職種があります。フィルム写真時代のプリンタという職種に近い位置づけと思います。

デジタル写真ではモニタを介して写真を閲覧できるので、Web などの画面で見ることが目的であれば映し出されたままで完了となります。写真プリントもほぼ同様です。しかし、商用印刷の場合は別です。

一般的な商用印刷では 4 つの色を駆使し、特殊な技法で紙にカラー印刷します。その場合、撮った写真はモニタで見た物と比べると、シャキッとしない眠たい像となり暗く沈み色が変わってしまいます。それを防止するためにも写真編集が必要となります。色分解や分版などの作業もそれにあたります。

モニタで見るだけの写真であっても、人の肌をキレイにとか夜景をダイナミックに魅了するなど。そういった写真編集を一般的にレタッチと表現しているんだと思います。レタッチがその人(チーム)のフィニッシュ作業であり、個性を決める物なのかもしれません。ボク自身がコマーシャルや商用印刷やデザインの現場に身を置き、また多くの写真に編集やレタッチを施してきたのでよく分かります。

ただ、当スタジオにて撮影した写真。例えばこちらの証明写真撮影もそうですが、レタッチなどの編集を施しておりません。レタッチなどで編集された写真は、人の生理に合致せず不自然に見えて、直ぐに見飽きてしまうからです。できるだけ長くつきあえる写真を心がけ、こちらのペットの肖像写真でも、レタッチを施すことなく撮影からプリントまでをおこなっています。

また、レタッチを施した写真を見る事になる、被撮影者や物などの向こう側にいる多くの人たち。証明写真であれば採用側の人びとやこちらのような作品や商品であれば消費者たちに、レタッチ写真だと見透かされマイナスの印象を、仮にたとえ一人であっても持たれてしまうことは撮影者として本位ではありません。

そういった理由から、当写真スタジオにて撮影した写真にはレタッチなどの編集を施していないことをご理解いただければ幸いです。他方では多くの写真館やカメラマンたちがレタッチを施しているようです。好みとしてレタッチを要望するのであれば、そういった方々に写真撮影をご依頼なさることをオススメいたします。

※レタッチに関して肯定も否定もするわけではなく、ボク自身の仕事として撮る写真に対する単なるこだわりとご理解くださいませ

撮った写真を壁に飾る

撮った写真を壁に飾る
個展用のモノクロ風景写真を額装作業中

壁に飾ろうとする写真の殆どは、ファインアート紙にプリントしたモノクロ風景のデジタル写真が多いです。中には中判スクエアフォーマットのモノクロフィルムでの写真もありますが、縦横のない写真に新鮮な気持ちになります。というか、個人的にはスクエアの方が撮るのも見るのも断然好みだったりします。

それらの写真を飾ろうと額を買ってみると、表面のガラスにアルミの枠。重たいし枠の角で壁を傷つけやすいので飾るのを躊躇ってしまいます。自宅の壁は下地が石膏ボードなので穴を開けるのが嫌で、額装した写真は棚に置く程度で楽しむしかありません。また、ガラスの額だと落下などの衝撃で割れてしまうので、ペットや家族の邪魔にならぬように、また掃除の時や荷物の移動時などにも気を遣わなくてはならず飾れないままだったりします。

ウチの写真館で提案している額装するペットの肖像写真は、そういった自分自身の経験に基づいています。

縁に囲まれたいわゆる額ではなく、ファブリックパネルやキャンバスにファインアート紙を使用しプリントした写真を貼り小口処理を施すのですが、重さは A3 でも 300 グラム強なので、画びょう(だるまピン)2 本で壁に掛けられます。コンビニでも販売している手元側がカラフルなプラスチックのアレです。掃除の時や掛け替え時も軽くて気を遣うこともないですが、強いて難点をいえば濡れた手で触れないことでしょうか。

また、プリントをするファインアート紙は全面プリントが出来ず、その程よい余白のおかげで市販のマット(作品を引き立たせるための周囲の化粧紙)は不要です。また、ガラスを設置しないので入射光に遮られずに安定した閲覧と共に、ガラス張りによる作品の誇張がなくなるので、ニュートラルで落ち着いた仕上がりとなります。

撮った写真を壁に飾って楽しむ。一手間かけるだけで、壁の傷などを気にせず安心して飾ることが出来ます。

お問い合わせはこちら

写真撮影やプリントのご予約はこちら

ファインアート紙について

写真用紙とファインアート紙

おもな違いは光が反射するか否かですが

最もこだわる部分でもあります

写真用紙とファインアート紙

用紙にテカリがない

用紙にテカリがないので、全ての方向から写真を楽しむことができます。日射しや照明に左右されない額装を実現できます。

インクを吸ってくれる

写真表面にインクに依る盛りあがりがないので、かつての銀塩写真のような均一なプリント面になります。

保存性が高い

酸性の用紙は経年劣化をして黄ばみますが、中性を維持し続けるファインアート紙は劣化することなく末永く写真を楽しめます。

地域の伝統を用紙に

コットンなどの天然繊維の用紙がヨーロッパで普及。日本では和紙など。天然素材で各地域の伝統を活かした用紙が普及しています。

写真をプリントする

ファインアート用紙

むかしのことですが、写真のプリントを頼むときに光沢・半光沢とで選んだ記憶があります。フィルム写真の時代にはそれが一般的で記憶に残っている方も多いと思います。

時を経て、旧来の感光剤が塗布された印画紙に焼き付けるという写真ではなく、デジタル写真ではインクを吹き付けて像をなす手法が普及しました。そんな中でもプリントをするなら光沢紙を選択するのが一般的かもしれません。

インクを吹き付けて像をなすということは、それを受けてくれれば媒体を選ばないということになります。画材系の用紙にそのインクを保持する層を設けてインクジェットプリンタに対応させた。それがファインアート紙です。

とおり一辺倒な光沢写真ではなく、画材系用紙の持つ独特で多彩なテクスチャ、繊細で表現力豊かな像が多くの写真家やアーティストに支持され、ヨーロッパにはじまり今では世界中でファインアート紙の市場が形成されています。

ファインアート紙を使いプリントをした写真。用紙の風合いを楽しみながら額装してみませんか。

お問い合わせはこちら

プリントや写真撮影のご予約はこちら