定点で写真撮影をする

北九州市小倉北区にて
北九州市小倉北区にて〜フィルムで撮影
北九州市小倉北区にて
北九州市小倉北区にて〜デジタルで撮影

同じ場所を時間や季節を変えて撮り続ける。気に入った景観を、違った技法で撮り続ける。それが定点撮影です。そういった写真撮影を続けて一冊の写真集にする人も居るほどです。

全文を表示

写真をデザインする

北九州市小倉北区にて
北九州市小倉北区にて

仕事では写真を撮るカメラマン業の他に、稚拙ではありますが印刷物などのデザインも承っています。工業デザインや彫刻などの立体的なオブジェクトの制作にも似たような要素があるかもしれませんが、ボクがしている写真撮影もデザインも、平面でおこなう作業としてはズバリ共通事項が多いです。

全文を表示

古いフィルムカメラもふた揃え

古いフィルムカメラもふた揃え
Rolleiflex Standard

フィルムで写真を撮るときには、このようなカメラで撮っています。ローライフレックススタンダードという機種で、第一次世界大戦前に発売された骨董品です。

あまりに古すぎて、もはや修理をしてくれるお店は日本で 1 店舗しか知りません(ボクが知らないだけかも)。また、機材に関してのスペックとかに疎いので、その辺の情報もよく分かりません。

全文を表示

写真はデジタルかフィルムか

北九州市小倉北区にて
北九州市小倉北区にて

小さな写真館を運営しながらスナップや風景写真も撮りますが、撮っているのは主にモノクロ写真です。デジタル写真ですとカメラの機能にモノクロモードというのがありますが、そういった機能を使わずに、頭の中でモノクロ変換しながらプリントするまでのイメージを作っています。※プリントはファインアート紙でおこなってます

全文を表示

撮った写真をレタッチする

証明写真を撮ります

写真を撮るカメラマンとは別に、レタッチャという写真編集を専門におこなう職種があります。フィルム写真時代のプリンタという職種に近い位置づけと思います。

デジタル写真ではモニタを介して写真を閲覧できるので、Web などの画面で見ることが目的であれば映し出されたままで完了となります。写真プリントもほぼ同様です。しかし、商用印刷の場合は別です。

全文を表示

小型フクロウのスピックスコノハズクとのフライト

スピックスコノハズクのフライト
家族に向かうスピックスコノハズク
スピックスコノハズクのフライト
ボクに向うスピックスコノハズク

フクロウも鳥ですから飛んでいる姿を見ることは、ペットとして飼育しているうえでの醍醐味だったりします。自身に向かって飛んで来てくれるなら、その喜びもさらに増します。ウチでは皆でそれを味わっていますが、家族の時には距離を短くして呼び寄せる程度のフライトにしています。

全文を表示

コキンメフクロウに慣れて貰う

手の上でくつろぐコキンメフクロウ
手の上でくつろぐコキンメフクロウ
コキンメフクロウを呼び寄せる
コキンメフクロウを呼び寄せる

小型フクロウの中で、コキンメフクロウはポピュラで人気の種です。フクロウという印象が薄いフォルムですが、見た目がスズメのようで慣れ親しんでいる鳥に似ていて、取っつきやすい種だと思います。

縁があって、そのコキンメフクロウを数ヶ月間お預かりしたことがあります。目的は人に慣れて貰うことです。

全文を表示

住んでいる地域の写真を撮る

小倉北区にて001
北九州市小倉北区にて

肖像写真、ポートレイト、風景写真にスナップなどなど。これらは写真をカテゴライズする専門用語です。それぞれの意味合いは人によって受ける印象が違い、何となくカテゴライズしているんだと思います。なので、ボクの使い分けに違和感を覚える方がいらっしゃるかもしれません。

全文を表示